がんの深刻化と転移を防ぐために~早期治療が命を繋ぐ~

転移した場合

Health care

胃がんは喫煙や食生活、生活習慣などの外的要因によっても引き起こされることがわかっています。症状が深刻化してしまうと、転移してしまう可能性もあるため、早期発見が大切です。

詳細を確認する

難しい治療にも対応

Health care

サイバーナイフは、体の動きにも対応出来る高性能な放射線治療機器です。現在では様々な治療に使用されるようになっており、今後はさらに適用出来る病気が増えていくと予想されます。

詳細を確認する

進行胃がんの治療

Health care

胃がんを発見した時に、すでに深くまで進行が進んでいる場合、そのがんを進行胃がんと呼びます。転移によって元々がん細胞が発生した場所よりも広い範囲に広がっており、肝臓に転移するケースが多いです。

詳細を確認する

転移しやすい癌

転移しやすいすい臓がん

Health care

すい臓がんの検査にはCTや腹部エコーなどの機器を用います。検査費用はエコーで5千円程度、MRIで2万円程度、CTで3万円程度、最も詳しいFDG−PET検査で8万円程度になります。 手術費用は難しい膵頭部の摘出手術で約80万円、膵体部や膵尾部の摘出手術で約50万円です。 すい臓がんは転移しやすいことで知られています。よく転移するのは肝臓、骨、肺などです。多くの場所に転移すると手術できないので、化学療法や放射線療法が中心になります。よく使われる薬はゲムシタビンやS−1で、1セット4週間分あたり約10万円です。放射線治療は1回につき約1〜2万円ですが、より高性能な重粒子線治療だと約300万円になります。

高額療養費制度が利用できる

すい臓がんの検査や治療には、一部の治療法を除いて保険が適用できます。保険が適用される場合は高額療養費制度も利用可能です。高額療養費制度を使えば、1か月あたりの医療費が一定の限度を超えたとき、支払ったお金が戻ってきます。ただし限度額は年齢や収入によって異なります。平均的な収入のある70歳未満の人であれば、1か月あたり8〜9万円が限度額になります。また70歳以上の場合や長期入院が必要な場合は、さらに限度額が下がります。いくら治療費がかかっても、それ以上の費用を自己負担する必要はありません。転移しやすいすい臓がんは、治療が長期化し費用も莫大になりがちですが、この制度を利用すれば負担を大きく減らすことができます。